Pocket

“夢のマイホームを購入する時に、気をつけなくてはいけないのはプライバシーの問題です。
最近では、新築物件ではオープン外構が一般的になってきています。駐車場にはカーポートがなく、庭も道路から見えてしまうのがこのオープン外構です。利点は、外構のためのお金が少なくていいことで、開放感があるのはいいのですが、庭に出たら隣人の家から見えてしまうケースや、家にいても道路から覗かれてしまうケースもあります。また、道路で遊ぶ子供がボールを庭に入れて勝手に入ってくるトラブル事例もあり、悩ましいところです。せっかくの新築物件を買ったのなら、長く住みたいところ。隣人とも問題を起こしたくないですし、落ち着いて暮らしたいものです。そこで、新築の戸建を購入するなら、最初の設計段階で外構の工事もしてしまうのがおすすめです。
例えば、庭にラティスを置き簡単な目隠しをしてしまう、縦型のアルミフェンスをつけて遠くから見ると庭に出ているのかわからないようにする、目隠し代わりの植栽をしてしまう、お金がないのならゴーヤなどでグリーンカーテンをするといった工夫ができます。アルミフェンスも完全に見えない半透明のデザインだけでなく、隙間の間隔によっては、庭がかすかに見える格子風デザインもあります。また、最初からオープン外構ではなく、フェンスが高い住宅街で庭が見えない住宅街を選ぶのもいいでしょう。
金額的に外構までは出せないと後回しにする人も多いですが、最初にできたらしたいもの。ある程度のプライバシーを保って住みたいところです。”