Pocket

“新築一戸建てを購入するときは、まず外観デザインについて考慮しなければなりません。
長くその家にすむことになるため、いつまでも愛着をもてるようなデザインにするためには、家族みんなで慎重に話し合う必要があります。
外観の意匠にはさまざまなパターンがあります。
例えば、純和風、平屋風、ログハウス、和モダン、洋モダン、シンプルモダン、北欧風、南欧風、ハワイアンなどもあります。
こうした新築の外観を決定するときには、入居者みんなの意見が一致していなければなりません。
さらに外観の考案では、エクステリアのことも考えなければなりません。
エクステリアとは、建物だけではなく、外溝や屋外工作物までを含めた外観全体のことです。
これには多くの要素が関係してきます。
生垣、フェンス、塀、庭、外壁、そして建物との調和を考える必要もあります。
新築において外観を考えるとき、必ずこのエクステリアを考慮しなければなりません。
外観を考えるときは、周囲の環境や建物との調和性、家族一人一人のライフスタイルや将来のことも想定する必要があります。
自分たちで良いものが決まらないときは、専門業者に相談することもできます。
外観は建物の顔になる重要な部分ですので、納得がいくまで話し合いを重ねることです。
将来的に住宅の一部を賃貸したいと考えるようになるかもしれませんが、そうたい場合を想定した設計をあらかじめ施しておくこともできます。
いずれにしても建物の外観は、目先だけの状況で考えてはなりません。”